着磁が初めてという方へ

#01 「着磁」ってナニ? 着磁に必要なモノとは

マグネットというと「鉄にくっつく」というイメージが浮かびますが、実は、最初から鉄にくっつくわけではありません。磁石材料を成形した段階では、磁石はまだ磁気を帯びておらず、この、磁気を帯びていない磁石に、磁気を付ける作業を「着磁」といいます。

続きを読む

#02 「着磁ヨーク」ってどんなもの? アイエムエス 5つのこだわり

着磁の良し悪しを決定する、最も重要な要素。それが着磁ヨークです。着磁ヨークの形状や材質、巻線方法によって着磁パターンが決定します。
着磁パターンが適切でない場合は、モーターのトルク不足やコキングの増加など様々な弊害を起こします。つまり着磁ヨークの性能がモーターの性能に、大きく関わっているのです。

続きを読む

column_img02

#03「着磁電源」ってどんなもの?

着磁電源は、あまり一般的な装置ではないので、知らない方もたくさんいらっしゃると思います。
そういった方の為に「着磁電源とはどんなものなのか」簡単に説明しています。

続きを読む

#04 着磁電源の性能とは

着磁電源にも車でいう排気量やパワーにあたる基本性能があります。また、同じパワーの車でも速さや、乗り易さに差があるように基本性能が同じ着磁電源でもトータル的な性能には差があります。

続きを読む

#05 内部インピーダンスとは 基本スペックだけで性能は決まらない!?

着磁という作業を「車にロープを付けて、荷物を引っ張る作業」に例えて見ると、着磁電源が車にあたり、着磁ヨークが荷物にあたります。そして、引っ張るスピードが「着磁電流値」にあたります。速く引っ張れる(着磁電流が大きい)方が性能が良いということです。

続きを読む

#06 着磁電源の選び方 購入後に失敗したと思わないために

着磁電源は充電電圧とコンデンサ容量の組み合わせだけで、何十種類もの仕様があります。
それに様々な機能を付加できるので、どれを選んだら良いのかわからなくなりがちです。
今回は、着磁電源購入時の「失敗しない選択方法」についてアドバイスさせていただきます。

続きを読む

#07 低インピーダンスの利点とは  大幅なコスト削減の可能性

低インピーダンス電源とは、着磁電源内部のインピーダンスを極力下げるように設計した着磁電源のことです。 では、電源のインピーダンスを低くすることによってどんな利点があるのでしょうか?

続きを読む

#08 3台の着磁電源が1台に!?  1台の着磁電源で3出力設定を可能に

こんな場合を考えてみてください。1つの製品を作る場合に、3種類の着磁を行うことがあります。
普通に考えて、生産をスムーズに行うためには3台の着磁電源が必要です。
しかし、当社のIMCシリーズならば1台の電源で可能になります。

続きを読む