MTX ver.6 3次元磁界ベクトルマグネットアナライザー

↑ クリックで製品専用スペシャルサイトへ ↑
3次元磁気ベクトル・磁束密度分布を高精度で測定
研究・開発向け ハイエンドモデル

磁気センサの位置決め・角度補正を自動化した唯一無二のマグネットアナライザー

マグネットアナライザーとは磁石等から出る磁気・磁束密度の分布を測定できる装置です。
磁気センサを搭載した磁気プローブを高精度で移動制御、測定を行います。

磁気は3次元のベクトルです。
アイエムエスの磁気プローブは「1チップ3軸磁気センサ」を使用しており、3方向の直交する磁束密度を同時に検出し、センサ間の位置ずれなく高精度な3次元ベクトルを映し出します。

磁気測定は、磁気センサの位置、角度のズレが測定値に多大な影響を与えます。
MTXは、従来、目視で行なうしかなかった磁気センサの位置決め、角度補正を自動化。
この特許技術により、人による測定誤差をなくし、測定の再現性、信頼性が飛躍的に向上しました。

高精度な測定が可能なので、磁場解析結果との実測比較にも多く使用されております。

1つの磁気センサを使用した3軸磁気プローブ