テスラメーターの最高峰

1チップ3軸磁気センサにより、高精度3軸測定を実現

・3軸同時測定、相対角度誤差 ±0.5°以内
・極細ロングプローブにより、狭所の測定も可能
・校正作業なしでプローブ交換可能
・内蔵温度センサにより、感度を自動補正

仕様

 適合プローブ TP-240シリーズ
 電源 AC100V 50Hz/60Hz
 測定範囲 0.1mT~2000mT
 精度 ±1%/FS
 温度特性 ±300ppm/℃ (T=23℃±10℃)
 使用温度範囲 10℃~50℃
 周波数特性 *1 DC~150Hz
 アナログ電圧出力 ±5V/2T
 センサボリューム 0.001mm2
 アナログ出力 ±5V/2T
 3軸センサ相対角度誤差 ±0.5°以内
 外形寸法 W99×H230×D360 (mm)
 重量 7kg

*1  プローブ内の基板、及び配線に渦電流が発生するような環境では正しく測定できない
可能性があります。 ※仕様は、製品向上のため予告なく変更される場合がございます。

「正確な磁気ベクトル」を捉えたい

一般的な3軸プローブには、3つの磁気センサが入っていますが、3つの磁気センサを「同じ」位置に置くことは物理的に不可能なため、各センサ間には「位置ズレ」が生じ、この「位置ズレ」による測定誤差が大きく、これまでは、高精度な3軸測定が困難でした。TX-2100Rは、1チップ3軸磁気センサを搭載したプローブ(TP-240)の採用により、センサ間の位置ズレ問題を解決。より高精度な測定を可能にしました。

プローブ仕様

型式 TP-240
検出軸数 3 (X,Y,Z)
感磁領域 By : 0.03×0.005×0.03 (mm)
Bx,Bz : 0.15×0.01×0.15 (mm)
相対角度誤差 ±0.5°以内
測定精度 ±1%
プローブ先端寸法 TP-240 W2.0×T1.3×L40 (mm)
表面から感磁部までの距離 TP-240 0.3±0.1mm
ケーブル長 2m

 

TX-2100R
TX-2100R-02